ADHDとはどんな病気なのか

他人の子供と比べると我が子はちょっと違う、そんなこともあるでしょう。それを個性と呼べる場合は良いのでしょうが、病気かもしれない、そう思うと気が重くなります。例えばADHDと診断されたら、そもそもどんな病気なのでしょうか。

ADHDとは

ADHDとはAttention Deficit Hyperactivity Disorderの略であり、日本語では注意欠陥多動性障害と直訳されます。名前の通り、注意力が散漫になったり、じっとしていられず授業中なども歩き回ってしまう状態です。
昨今では広義の発達障害に分類されることが多く、実際に学習面などを含めて障害と感じられる段階になって初めて診断されます。とはいえ明確な科学的根拠があるわけではないので、あくまでも問診による状況証拠のみで判断されるのが一般的です。

成長に伴い落ち着きます

幼稚園でお行儀が悪い、そう言われることでADHDが疑われるようになります。小学生頃にピークを迎えますが、成長に伴い落ち着いてくることが多いようです。よほどの凶暴性がない限り、安易な治療は避けるべきとも考えられています。
ADHDを含めた発達障害、そして自閉症スペクトラムについては諸説が入り乱れている状態です。時には薬が乱用されることもあります。そのため専門医の指導に従って適切な対応をすることが大切です。

大人でもありえます

ADHDは子供の病気と思われがちです。もちろん大人になれば症状は緩和されますが、同じような行動をするケースがあります。最近になってようやく大人の学習障害や発達障害なども認知されるようになりました。
KYであったり協調性のない大人は、どの会社にも1人くらいはいるものです。その全員がそうではありませんが、可能性としては十分にありえます。ただ忌避するのではなく、周りが配慮してあげることで、お互いの生活がしやすくなるのも事実です。

周りの理解が大切です

ADHDは病気に分類されることもありますが、個性と捉えることも大切です。子供の間は突飛な行動も目立ちますが、成長に従い落ち着くこともあります。とはいえ大人でもあり得るので、周りの理解がお互いの安心につながります。

関連する記事

Copyright(C)2017 ADHDの処方薬 ストラテラ All Rights Reserved.